リワーク・早期復職に向けた利用のご提案

休職、休学等を利用してリカバリー・ダイナミクスで依存を必要としない新たな生き方を見つけませんか。

 RDデイケアセンターの特色の一つとして、12ステップ・プログラムを短期間で実践できることが挙げられます。

 リカバリー・ダイナミクス®は依存症回復のプログラムとして高い効果が歴史的に証明されている「12ステップ」を施設用に構成したものであり、AA(アルコホーリクスアノニマス)の書籍「アルコホーリクス・アノニマス」(通称ビックブック)を教科書に、12ステップの理解を促し、行動を動機付けるために図やたとえ話が多く用意されています。

 RDデイケアセンターではビックブックを解説したガイドブックとワークシート集を元にプロバイダーと呼ばれる講師による28回の講義。一人ひとりにつく担当スタッフとの個人セッションにより2カ月で12ステップでやるべき事を学び、3か月目よりステップ4以降のステップワークが実践できるようにスケジュールされています。

 相互援助グループで12ステップを実践しようとすると、まずは仲間の中で依存を止めながら、所属するグループを探し、スポンサー(相談役)をお願いし、書籍を読み合わせながら数カ月~数年をかけてステップを実践していくことが多いようです。

12ステッププログラムではステップ4以降が自分自身の問題を見つけ解決していくプロセスになります。

依存の問題で生きづらい方の多くは、飲んだ、使った、打ったなどの直接の原因で苦しんでいるだけではありません、やめようと思っていても依存対象に向かってしまう自分自身に苦しんでいるのです。

苦しい生き方は依存が一時的に収まっただけではやがて再発します。ましてや同じ仕事や職場、学校であればなおさらです。

問題の本質はなんであるか、解決はなんであるか、解決するためには何をすればよいのか。

RDデイケアセンターには、各人がそれぞれの問題の本質をとらえ、解決していくためのサポートツールが準備されています。

依存によって解決しようとしなければならなかった問題はどのようにして発生したか。その再発防止と起こしてしまった問題を解消していくことが出来ます。

 ここまできて何にも依存しない新しい生き方で社会に復帰することが出来るようになります。

長い人生の中では数カ月はほんの一瞬です。おそらく苦しんできた期間よりもはるかに短いのでないでしょうか。

 同じプログラムを実践している人たち(仲間)と一緒に施設を利用する利点は、自分の取り組もうとしていることを仲間がほんの少し前に行い、その効果を目の当たりにできることです。やる気の出ない時も背中を押してもらえます。

タイトルとURLをコピーしました