新型コロナウイルス感染防止対策

RDデイケアセンター with コロナ への取り組み

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が、私たちの生活に影響を与えています。人々は外出を控え、時差通勤を通じて各自の役割を果たしていると同時に、医療従事者や救急隊員は多数の市民を助け、また各国の政府や自治体は危機管理に取り組んでいます。

このような状況の中で、障害福祉サービス事業所(自立訓練・生活訓練)である私たち「RDデイケアセンター」では、通所される利用者様、スタッフの安全と安心を考慮し可能な限りサービスを絶やすことなく継続していくために以下の取り組みを実施ししています。

1.通所時の検温、体調の確認

2.来所者の名簿記入

3.手指消毒

4.マスク着用の推奨

5.デイケアルーム(セッションルーム)利用人数の制限、定期的な換気

6.混雑時間帯を避けた通所・退所のための開所時間短縮

7.発熱、感染の疑いのある症状が出た方に対する在宅支援

障害福祉サービス事業所として今の状況と共存することで、私たちはこの試練を乗り越えることができると信じています。

不安定な状況下での再発の恐れからリカバリー・ダイナミクスを通じたフェローシップで助け合っていきましょう。

RDデイケアセンターでは、見学、体験通所を随時受け付けております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました